• ホーム
  • 水虫の抗菌対策の選択肢に個人輸入

水虫の抗菌対策の選択肢に個人輸入

きれいな足

水虫の治療には、塗り薬が用いられることが多いです。
水虫は真菌(カビ)による感染症が原因であり、その治療として殺菌効果のある薬を用いることが一般的です。
また、予防には抗菌対策を用いることが多いです。
薬の場合、日本では審査基準が非常に厳しく、海外ですでに使用されている医薬品が日本では処方されないというケースが問題になっており、日本の製薬企業を悩ませる種ともなっています。
海外で使用されている医薬品を個人輸入して使用することが可能で、最近ではそういったことが流行しています。
ただし、薬の効能にはもちろん個人差があり、用法、用量を誤ると重大な副作用を発症してしまうリスクがあることは忘れてはいけません。
また、抗菌対策とはいっても、あくまで治療薬なので予防につながる訳ではありませんので、注意は必要です。
最近では個人輸入を代行したり、個人輸入された医薬品を販売している通販サイトなどがあり、こちらを利用する方法が安価で人気になっています。
水虫に効能があるといわれている医薬品はいくつかあり、こちらもやはり塗り薬のタイプが非常に人気になっています。
特にフロリードDクリームは効果が高い成分が含まれているのでおすすめです。
フロリードDクリームのジェネリックはミコゲルクリームと呼ばれるもので、安い価格で同等の効果が得られるお得な治療薬になっています。
飲み薬と違い、個人でも扱いやすく、副作用が出てもわかりやすく、用法、用量もはっきりとわかるから、というのがその理由のようです。
水虫の患部に塗ることで殺菌効果を発揮し、水虫を治療するほか、抗菌対策としての効能もあるものがあるようです。
このような薬は通販サイトで購入することができ、誰でも手に入れることができます。
ただし、値段はドラッグストアなどで購入するよりも高額になるようです。
個人輸入なので空輸を利用することになり、送料が高額になるからです。
このような薬を販売しているウェブサイトでは、用法や用量を示している場合が多く、基本的にはそちらにしたがって服用することになります。

関連記事